買い手目線の料金やその後のフォローについて

お礼メールの工夫が大事

ネットショップで顧客をつかむには、リピーター対策が不可欠となります。安定したリピーターを獲得できれば、継続的で安定した収益が得られます。リピーター対策として一般的なのが、商品購入後などに配信されるお礼メールです。但し、単に商品購入に対する形式的なお礼では、ユーザーをリピーターにすることは出来ません。お礼メールにも工夫が必要で、商品の感想などを求めることも大事です。そして、ユーザーの感想に対しては、対価となるポイントやクーポン等を付与することが肝心です。ユーザーの立場としては、使い始めて直に評価しようとは思いません。それでも、対価が支払われるとなれば、時間が経過した後でも評価してくれる可能性が高まります。ユーザーの評価や感想は、以降のフォローにも役立てることが出来ます。

メルマガ登録を促す工夫

顧客獲得には、メルマガも有効な手段の一つです。とは言えメルマガも、登録用のURLを記載するだけでは利用につながりません。メルマガが如何にユーザーにとって、有益なものであるかアピールする必要があります。例えば、ショップサイトには載らない、メルマガ登録者限定のセール情報などを掲載することです。その他、新商品の先行予約など、メルマガの読者が優先的に得する情報を掲載するのが良いと言えます。また、不特定多数に向けては、ダイレクトメールを送るのも選択肢となります。但しダイレクトメールは迷惑メールと間違われやすいので、信頼性のある内容にすることが肝心です。ダイレクトメールは最初の行で判断されるので、挨拶から言葉遣いに注意を払う必要があります。