ネットショップのデメリット

商品が競合しやすくライバルが多い

ネットショップを管理するハードルは、実店舗を運営する難しさに比べるとどうしても下がります。参入障壁が低くなると、当然ライバルの増加を招き、少しネット界隈で注目されると一気に競合相手が増加することも珍しくありません。消費者にとっては安価に手に入ることが一番重要ですし、オリジナル商品をブランド化できるほど価値を高めたりしない限りは、常に競合相手と戦い続けることになります。また、個人経営者がライバルになるならともかく、企業が相手になることもままあります。いかに他のサービスやライバル相手に差をつけるか、差別化を図ることができるかを考えなくてはなりません。そこがネットショップの難しさであり、デメリットと言えます。

やることが多く在庫管理が難しい

実店舗と比べて管理は簡単そう、と思われるかもしれませんが、意外とやることはたくさんあります。ネットショップなので対応は全てメールやSNSになりますし、ブログなどを更新している場合はネタも考えなくてはなりません。また、梱包と発送作業が必須になるので、手間暇は想像以上にかかると見て良いでしょう。特に利用者とのやり取りは、対応が遅れると不信感を抱かれかねません。他にも、在庫管理の難しさはノウハウがないと難しい面があります。どれだけの在庫を抱えたら良いのか、需要はどれくらい見込めるのか、その感覚を掴むまでは損をする可能性が高まります。反対に在庫が足りなくなるケースもありますが、在庫を抱えるリスクの方が可能性は高いでしょう。